炭水化物ダイエットに危険はありますか?

炭水化物ダイエットテク

炭水化物ダイエットテクのmainイメージ

効率よくダイエットできると評判の炭水化物ダイエットですが、行う際、注意すべき点、危険などはありますか?

炭水化物ダイエットに危険はありますか?

話題の炭水化物ダイエットですが、良いことばかりではありません。

炭水化物ダイエットの危険性について、考えてみましょう。

危険性は、大きく分けて3点。

まず、一点目ですが、長時間続けることにより、脳卒中や心筋梗塞などの生活習慣病を発症する危険性があるとのことです。

わたし達の大事な脳がスムーズな働きを行うには、糖質が重要な役目をしますが、エネルギー源である糖が不足すると、わたし達の脳は十分な働きができず、脳卒中や心筋梗塞などの症状を引き起こす原因となる可能性が高くなってしまうのです。

続いて、二点目ですが、脂肪を分解するだけでなく、筋肉を分解する危険性があります。

炭水化物を控えることで脂肪の分解を促すのですが、脂肪だけを分解してくれるわけではありません。

代謝促進に必要な筋肉までも分解してしまうと、脂肪がつきやすくなり、反対に太ってしまうことも少なくないのです。

次に、三点目。

エネルギー源を生産してくれる肝機能を酷使するため、機能が低下します。

肝臓は肝心要と言われる臓器の一つ。

その肝臓の機能が低下すると、カラダのあちこちに不調を来す恐れもあり、危険を伴うとのことです。

そのほかにも、脳へ必要な栄養素がスムーズに届かなくなるため、集中力の低下、疲労回復の遅れ、倦怠感やだるさを感じることも少なくありません。

長期にわたって炭水化物ダイエットを行う場合は、体重の減少だけでなく、体調面にも留意しましょう。

何かしらの異常を感じた時は、即中止し、医師の診察を受けることをおすすめします。